不眠症などの精神疾患はカウンセリングから|仕事中にうつらうつら

先生

心の休息場所を探す

悩み

東京の心療内科でも不眠症や自律神経失調症など、ストレスを抱えて受診される方が多くいます。職場環境、人間関係、家族関係など人は群れをなして生きる社会生物です。しかし他人との関わりは楽しみもありますが、軋轢やストレスがついてくるものです。仕事や友人関係、恋人、家族などとうまくいかないことで大きなストレスになるケースも多くあります。そんな時に人の心は脆く、折れてしまうこともあるわけです。実際に立ち上がる気力や、通常生活の一貫すら投げ出してしまうこともあります。その結果、何日も仕事にでられない、部屋の掃除などにも手が回らなくなるといったことが出てくる可能性もあるでしょう。また、日本人の気質なのか、今までの教育や社会の問題なのか、そういった心の不調を軽んじてしまう傾向も見られます。

東京などでも心療内科には、周囲の人から心の不調を「心が弱い」「根性がない」といった言葉で片付けられた患者さんも多くいることでしょう。しかし、心はみんなキャパシティが違います。無理して頑張っている人もいますが、ふとした時その踏ん張りが効かなくなることがあり、そうやって頑張れなくなってしまった人も多くいます。そんな時に東京の心療内科などではカウンセリングを行い、自己否定や他人への否定ではなく自身を受け入れてストレスと上手く折り合いを付ける方法を一緒に考えてくれます。心療内科では血液検査などの検査や、うつ症状を抑える薬なども処方してくれるなど、こまめに診察をして相談に乗ってくれます。うつ病や精神疾患というと重病のようですが、頑張りすぎた人がちょっと疲れて頑張れなくなってしまっただけなのです。そこからゆっくりと浮上して、元気に戻る方法を東京の心療内科では一緒に考えています。1人で抱え込まずに相談してみることで気が楽になるかもしれません。