不眠症などの精神疾患はカウンセリングから|仕事中にうつらうつら

医者

寝なければという強迫観念

病棟

「明日も仕事があり、早く寝ないといけないのに眠れない」「試験に落ちたらなど心配事が頭に浮かんで眠ることが出来ない」「夢見が悪くて、眠りがすぐ覚めてしまう」などストレスなどから夜に眠ることができなくなる不眠症。日中の集中力の低下や、疲労が抜けない、体にズンとくる重さ、肌の不調に自律神経の異常、頭痛や吐き気など、眠れないことで起きる弊害は数知れません。作業中や勉強、仕事中にうつらうつらして、大事な書類に飲み物をこぼす、描いたデータを消してしまうといったミスなども起きやすくなります。睡眠は可能であればしっかり取るのが重要です。しかし、そう思えば思うほどに自身を追い詰めてしまうのが不眠症の悪いループです。

このような睡眠が精神的な問題などでしっかり取れなくなってしまった時の対策として、睡眠導入剤などの処方やカウンセリングで内側の問題から解決策を探してくれる心療内科などになります。仕事や交友関係などのトラブルでの心配なども親身に相談に乗ってくれ、押し隠していた感情や気持ちの整理を行なうのをサポートしてくれます。相談することで改めて自分にとって何がストレスになっているのか、どうしたら良いのかをカウンセリングを受けて整理することで、不眠症を改善していくことができます。不眠症になってしまった時は、無理に眠ろうとはせず、まずは目を閉じて目からの情報を遮断することで体を休めることが出来ます。なるべく早くカウンセリングなどを利用してストレスとうまく折り合いをつけましょう。

心の休息場所を探す

悩み

現代のストレス社会に疲れた多くの人が訪れる東京などにもある心療内科。カウンセリングなどを受けることで自身の中で整理のできます。力になってくれる先生のいる心の休息場所を探しましょう。

View Detail

心を落ち着かす

女性

大阪などでの心療内科やカウンセリングではどのようなお話が行われているのでしょうか。精神科医など人に相談するのが怖い人でも、内容を知ることで心療内科へ向かうハードルが下がるかもしれません。

View Detail

あなたの心が休める場所

リゾート

東京でも沢山あるカウンセリング。うまく利用し、ストレスを発散することで精神の安定と健常な精神を維持しましょう。話を聞いてくれるのは専門の教育を受けているカウンセラーさんなので安心です。

View Detail